ウェディングドレス

女性なら一度は着てみたい、と思うのが「ウェディングドレス」ではないでしょうか。

純白のドレスに身を包み、この日だけは自分が主役、といった感じですよね。
しかしこのウェディングドレス、実はもともとは白とは決まっていなかったんだとか。
昔はさまざまな色合いのウェディングドレスが着られていて、リメイクして他の場面に着ることもあったんだそう。
しかしロイヤルウェディングの際に純白のドレスが着られてそこから一般庶民の間に流行し、浸透したようです。

今ではこのウェディングドレスの白には「無垢」であるとか「純白」といったイメージが浸透し、さらにそこには処女性も意味されているよう。
白いウェディングドレスを着ることで夫の色に染まる、といった意味合いも持っています。
このようなウェディングドレスが日本に普及したのはごく最近のことで、50年ほど前までは和装の婚礼衣装がごく一般的なものでした。
しかし日本の和装の婚礼衣装も実は「白無垢」というものがあります。
昔の考え方では結婚式は神事のように扱われており、また白い衣装は葬儀の際にも着用するものだったんだそう。

そういったことから結婚式に白無垢を着る意味としては、その家に嫁いで、骨をうずめます、といったニュアンスが含まれていた、ということ。
ということで日本でも世界でもやはり婚礼の白い衣装には意味があるんですね。
ここでは古のウェディングドレスを着る意味と、現代のウェディングドレスを着る意味について解説します。